北海道の白老町で行われている「飛生芸術祭」に行ってきました。 

IMG_2748



廃校した飛生小学校を使っての、アートな空間が広がっていると聞きまして

最近自然にふれてなかったので「自然にかまってもらおう」と、足をのばしました。


早速、飛生の森へ
IMG_2668

オーブンでできたばかりのものを、ここでみんなでワイワイ食べるの楽しそうだな
(Tupiu OVEN)
IMG_2664

様々な光がさすトンネル

全長5mほど?の、くの字のトンネル
IMG_2671
スキマの大きさで光の当たり方がちがうので、天候や季節によっても明るさが違うだろうし
42
雨の日のトンネルも楽しそうだな〜と
IMG_2672
誰とすわろっか?
IMG_2678
しっかり刺さっている竹
IMG_2675


トンネルを抜けると、こんな景色が広がっていて
IMG_2686
平らにならされ、チップが敷きつめられている、歩きやすい地面が広がっているよ。

歩き進めると、空にはこんな感じで、一瞬「鳥の巣?」と
IMG_2797
その割には写真で見る通り、めちゃくちゃでっかい。

木と共存した建物(Tobiu HOUSE)

屋根にも植物いっぱいだし
IMG_2705
地面は、元からあった木が生かされ、屋根を貫通させて「すくすく」伸びてる。
IMG_2707
電球も、葉でおおうとトウモロコシみたい。
IMG_2706

あ、羽みっけ
IMG_2709
くまさんのお昼ごはん・・・これからも増えていきそうだね
IMG_2713

自然を味わえる、Tobiu TERRACE


IMG_2717
遠くから見ると、足場が宙に浮いてるように見えるテラス
IMG_2718
はしごを登ると、遠くまで見渡せるテラスになっていました。

そして、この注意書きが素敵で
IMG_2721
使う人が考えることを大切にしているなと・・・
こういうことって、今の時代忘れがちだと思うのです。

IMG_2722

大人が入るのはむずかしい、The Time Tunnnel


IMG_2732
この入口の高さが1mくらいなんですよ。
親子でいくと、子どもが「まだこないの?」って振り返って見てるんだろうなぁ
IMG_2733
かなりしっかりとした秘密基地。

入口付近には・・・

IMG_2737
2人乗り自転車や
IMG_2738


3人はのれるブランコ。
IMG_2754
上を見上げると、うさぎみたいだ
IMG_2752
「こんにちは」


森を使って表現しつつ、すごしやすいように手を入れてるのだけれど
その手の入れ方が絶妙で、共存するということを芯においてるのが伝わってくる森でした。



いろいろお知らせしたくて書いてしまいましたが、実際見ることにはかなわないし

この他にも紹介したいところがあるほど、見所たくさんだったので

ぜひ読んだ方にも足を運んで、五感を駆使して味わっていただきたい場所でした。



来年、また変化しているのかなぁ?
それも楽しみです。


ちなみに「しらおいポロトコタン」には


IMG_2785
水面にイスという
25
不思議な光景が広がってました
IMG_2769
水の中はどんな風になっているのでしょう?
そしてどうやって設置したのでしょう?

めちゃくちゃ気になります。


というわけで、校舎内と同様、アートにふれる旅ができました。

ただ、行ってみてはいかがでしょうと言えない・・・(明日17日までなので)
間に合う方はぜひ。

行けない方は「来年行こう」とチェックしておくのがベストですかね。

わたしも楽しみです。


ではでは。また。