図書館の雰囲気がちっちゃい頃から好きで

週末ほどんど行ってたほど

本、大好きのわたしが



最近読んだもの、紹介しますね。



最近松平露さんのことで、にぎわいすぎのこのブログですが 

「つゆさんの事がのってるよ」と、先日紹介したこの本



NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 江戸期に生きた女表現者たち


IMG_0908

9ページでしたが

今まで読んだ中で一番詳しいので

つゆさんについて知りたい方にはオススメです。



こちらのブログ以上の
育った背景やエピソード、遺書を家族以外にも書いていた話などがのってました。

ただ、つゆさんが書いたものが「縦書き・スペースなし」なしだったり
エピソードも淡々と書かれていたりと

理解するまでに、何度も目を通すことが必要で



じゃっかん…



めげそうになりました …(え?




でもわかってくると
つゆさんの人間としての魅力をさらに感じたので
買ってよかったです。




 

(このブログに本の内容を書くか、ほんっと迷いました。でも本を書いた人にとって、それは悲しいことじゃないかな?と思ったのでこのような形で紹介しますね)




現役東大生が1日を50円で売ってみたら



昨年お会いした1日を50円で売るという
現役東大生の高野さんが、本を出しました。


 
「高野さんの先祖さん、調べさせて」というびっくりな依頼に
丁寧に対応していただき、わざわざ飛行機できてくださったという
 
行動力、すばらしすぎる。




ネット上でも話題になりましたが

発達障害のお子さんとのエピソードは「おぉ…すごっ!」のひとこと。

「子供の得意分野を見つけて、詳しい教育を示していける環境の重要性」を改めて感じた一冊でした。




これからの「正義」の話をしよう



とある方に紹介していただいたこの本。



わたしが先祖を調べて、最近は

「自分と似ている先祖が、どんな道を選んで生きたのか?」ということを知りたいと

考えることが多かったのですが


この本は道の選び方を、
さまざまな心理学の方面から提示してくれた本


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マイケル サンデル
早川書房
2011-11-25





内容もりだくさんで

ちょい難し…だけど

今まで知らなかった考え方を教えてくれて、視野が広がりました。



ーーーーー

ブログの書き方についての本

こちらも、ある方に紹介していただいた

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ






これを読んでから

人が見るということを、今まで以上に考えて
極力言葉を減らすようになりました。



少ない方が伝わること、ありますもんね?




武器としての書く技術



この本、図書館で予約いっぱいで
何週間も待って借りたのですが(ごめんなさい)

その後手元に置いときたくなって、買うという



図書館の意味がないことになっちゃいました…w


武器としての書く技術 (中経出版)
イケダ ハヤト
KADOKAWA / 中経出版
2013-06-27





読みやすい文章をどのように書けばよいのか

シンプルな上に的確なので、すっと頭に入ってきます。わかりやすい




ーーーーー

家族さん向けに

子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた『男の子のママ』の悩みをぶっとばす言葉






おすすめしたいシチュエーションは…



仕事人間のお父さんが

妻や子供と距離を縮めたいけれど
どうしていいのかわからない…

そんな時に

この本を読んだ上で妻にプレゼントして
「今日、子供と遊んでるから出かけておいで」と言ってくれたら

「えっ!本当?素敵」と思うだろうな…という





妄想…。


ほら、ね…うん。



実は仕事で、たくさんの夫婦を見てきたので
そんな風に思ってしまうのです。



家庭が大変なことになりつつあるけれど
どうしていいのかわからないお父さんの
「最初の一歩になる言葉」と

日々の忙しさ、行き詰まりを感じているお母さんの
言葉にならない想いが言語化されていて

その上で
元気が出る言葉がちりばめられています。




それにしても、ファミレス出禁ってすごいな




逃げるは恥だが役に立つ 9巻



新しい家族の形を提案する、この一冊


 
「ムズキュン」という言葉を生み出したドラマの原作で

この本にもそんな場面が健在。 


「新しい家庭のあり方を提案」するのはもちろん



夫婦・独身・シングルマザー・LGBTなど
あらゆる立場の人たちが出てくるので

このシリーズはどんな人が読んでも、勇気をもらえる言葉がどっかにあるのでは?


ーーーーー

他に、いろいろ


内向型を強みにする



kindle unlimite の読み放題の中の一冊
先日契約した時に読んでみました。


内向型を強みにする
パンローリング株式会社
2013-06-16


人って、リーダーシップを取れることが大事とか
「コミュ力が全て」と思われがちとか
国会みたいな「エキサイトする議論ができる事が重要」とか

外交的な人が得するシステムになっているんですよね。




そんな中で、内向的な人がどのように強みを生かしていくか。

ということが書かれています


人、それぞれいいとこを大切に〜よね?


まとめ



というわけで、いかがだったでしょうか。


最近、様々な方が来てくださっており

びっくりしているのですが


興味のある本ありましたか?





わたしは、どの本も読んでよかったです。


これを書いたのは自分の健忘録。なのですが



もし、よかったら読んでみてはいかがでしょうか?


ではではまた